40年来の友人の夢

夫の高校時代からの友達でその頃から
映画監督になるのが夢だった親友が
今、香川で映画の撮影をしています。

映画のタイトルは
「明日へ〜戦争は罪悪である」
いつか高校時代を過ごした香川
で映画を撮りたいと言ってた
夢を実現したことを思うと
嬉しくなる。

b0365216_08130821.jpg

主に小豆島での撮影なのですが
やはり高校生活の3年間を過ごした
ここ津田の松原は特別な思いが
あったのかここでも先週撮影が
行われました。
b0365216_08130902.jpg

b0365216_08130954.jpg

b0365216_08131072.jpg

b0365216_08131054.jpg

写真はスタッフが撮影したものを
お借りしました。

いつも見慣れた風景がプロの目線だと
どこか別の素敵な場所のように撮影
されていて、いいところになんだと
あらためて気がついたのでした。
香川の撮影は昨日終了となり
後は東京での撮影と続くそう。

落ち着いたらまたゆっくりしに
おいで〜美味しい食事を一緒に
食べましょう…

By母









[PR]
# by neri-iro | 2017-04-25 07:40 | Comments(0)

試し織り

b0365216_09115819.jpg
実家から長崎に持って帰って来た高機

ルエ社のSpring

説明のDVDは英語しかなく、何度も何度も見ては織り機に向かい、やっとの事で試し織りを始める事ができました。

以前教わったのはろくろ式での組織織りだったので、カウンターマーチ式のタイアップに少々苦戦しましたが、仕組みを理解するとどんな模様でも織る事ができました。

とにかく早く織りたくて、何やら長細いものができていますが、手紡ぎの糸とも相性が良く、もったりとした表情は愛らしくもあります。

卓上と違って打ち込みやすさや安定感を物凄く実感しています。

やはり道具。

使いやすい良い道具を手に入れるという事は、一も二も前にやる気を推し進めてくれます。

by娘



[PR]
# by neri-iro | 2017-04-16 09:11 | モノづくり | Comments(0)

春爛漫

b0365216_08113550.jpg

中庭のイロハ紅葉があっという間に
芽吹きここまでになっていました。
娘が使っていた部屋からの風景。
b0365216_08113691.jpg

春になると満開の桜も望める。

我が家では1番見晴らしの良い
場所に娘の部屋を作りました。
ここに越してから数年で
美術館のエデュケーター
として就職が決まって長崎へ
行ってしまったので何回この
風景を見たのだろうか。

この間娘が帰省した時、やっぱり
ここからの眺めはいいね〜と
言ってましたが春もこんな風です。
by母



[PR]
# by neri-iro | 2017-04-14 07:50 | 暮らし | Comments(0)

b0365216_12303252.jpg

ちびっ子に春物を用意しなくっちゃと
準備し始めたのが一ヶ月前なんですが
中々作業することが出来ず…
b0365216_12312701.jpg

やっと出来たのがこの1枚。
ウールなのでもう暖かい長崎では
着れないなあ…
大き目の100㎝で作ったので
秋に着てもらおうかな。
by母


[PR]
# by neri-iro | 2017-04-13 12:27 | モノづくり | Comments(0)

新しい朝

b0365216_12090464.jpg
週末、入園式だった娘。
今日からいよいよ幼稚園です。

妹には時々いじわるをしたり、物をぶんどったりするオレ様気質の兄も、今朝は兄の顏。

妹に制服を持って来て、着せて、お荷物を確認して、これは遊べるハンカチだからと自分のハンカチを貸してあげていました。

そして、幼稚園に行ってからどうすればいいかの手取り足とりも。自分の教室も図に描いて、ここにおるけん、とこちらは見ていて本当に微笑ましく頼もしい場面でした。

入園式では大泣き大合唱のお友達を横目に、我が子は泣かないまでもかなり緊張ぎみの様子。式が始まる前に「ポケットに神様入れとくね。見守ってくれているよ。」と言うと、式の間、ポケットを何度も覗いていました。

仕事で来られなかったパパにも「神様がおったけん、泣かなかったの!」とお姉さん顔で、みんな1つずつ自分の道を歩んでいます。

私はというと、今まで2日かかっていた仕事が半日で終わり、御飯のおかずも一品多く作れるし、買い物にはさっと行けるしで5年ぶりの1人の時間にかなりの開放感を感じています。

子どもたち2人が赤ちゃんの頃、お母さんべったりの頃を経て、子育ても次の段階へ来たかと思うと本当に嬉しい。

子ども達とゆっくり過ごした5年間を納得しながら歩めた事は、次のステップに必ず力を与えてくれると信じて、私も一歩ずつ丁寧に進んでいきたいです。

by娘


[PR]
# by neri-iro | 2017-04-10 12:08 | 暮らし | Comments(0)