玄関先に

b0365216_12311293.jpg

リネンのテーブルランナー、玄関先に収まりました。

張りがあってパリッとした風合いの生地はスッキリとして気持ちのよい空間を生み出してくれました。

今まで飾り過ぎていたこの場所も厳選して、少し整理しました。

ここにある一つ一つはそれぞれのストーリーがあって、家族を勇気付けてくれたり、懐かしい気持ちにさせてくれるもの。

左は娘が産まれた時に叔母からもらったスワロフスキーの蝶。蝶は美しいだけではなく、賢くて、強く、そして自由な生き物。そんなあなたを想像して…と贈ってくれました。これはいつか娘が私たちの元を離れていく時に手渡そうと思っているものです。

真ん中も叔母からの贈り物。結婚のお祝いにいただきました。カナダの先住民イヌイットによる石彫。神秘的で愛らしいクマの姿とシンプルなデザインが気に入っています。

右の鳥たちは佐賀の尾崎人形(息子が絵付けしたもの)に京都六角堂の鳩みくじをお供に従えています。鳩は幸運のシンボルなので危なげな息子を両脇で支えているイメージです。笑

みんなどんな思ってるのかな。毎日色々な気持ちで通り過ぎるこの場所で新しい気持ちを生み出したり、肩の荷をそっと下ろしたり出来てるといいな。

by娘





[PR]
by neri-iro | 2017-05-29 12:30 | 暮らし | Comments(0)

b0365216_10513844.jpg
細い糸でリネンのテーブルランナーを織っています。

どんなものをこれから先織っていきたいかずっと考えていました。

考えがまとまらない時には旅に出て、本を読んで考えに考え、次に考えを手放した時、ふっと空から降りてくるように答えが見つかるような感覚があります。

今週はその答えの入口に立ったような気持ちでいます。

美術品や作家の作品のように個性を全面に出したものではなく、名もなき者の、日々の中で作られた日常にすっと馴染むような織物。民藝のように拙さの中にある美しさのようなものを淡々と作っていきたいと思ったのです。

自分の感覚に従って、興味のある事をどんどん取り入れた20代。

家族との暮らしの土台を築き、様々な取捨選択を迫られ選択してきた30代。

今は40代を前に次の段階へいく準備をしているような気持ちでいます。自分の経験に基づいた感覚を頼りに、淡々と日々を積み重ねていくこと、それが織物に連動していき、手を動かしていく事は修行のようでもあり、自然の流れのように感じています。

自分の小さな感覚を大切に、織り進めながらふとそんな事を考えたのでした。

by娘






[PR]
by neri-iro | 2017-05-26 10:51 | モノづくり | Comments(0)

晴れの日だけど

b0365216_09132254.jpg
外は晴れて気持ちの良いお天気だったけれど、体調が優れなくて家で遊んだ日中。

週末染めた糸の切れ端を整理していたら、これで何か作りたいな、と息子。

ならばとダンボールに釘を刺して糸をかけて、糸かけ遊び。

単純だけど糸の長さや色を工夫しながら夢中になって遊んでいました。

そんな息子は「今日、アメンボウの脚食べたよ。」と言って帰ってきたり、ふと見ると、折り紙のコップで麦茶を飲んでいたり、失敗も多いけれど、憎めない人。


by娘





[PR]
by neri-iro | 2017-05-22 09:13 | 子どもと | Comments(0)

今年の輝きの季節✨

b0365216_09134355.jpg

b0365216_09134374.jpg

b0365216_09134460.jpg


b0365216_09134476.jpg

b0365216_09134570.jpg

今年は一斉に輝きの季節がきたと言う風ではないみたい寒くなったり急に暑くなったりで花たちもいつ咲いたらいいのと戸惑っている様子です。
by母
[PR]
by neri-iro | 2017-05-21 09:11 | Comments(0)

アラン模様のセーター

b0365216_07344643.jpg

腰を悪くしている夫の母、(我が家のゴットマザー)80歳を過ぎて少し健康に自信をなくしかけていました。腰が悪くなったせいで豪快で少しくらいのことでは全くヘコタレナイ母が何をするのも億劫で外にも出かけたがらなくなりました。

昔はバラ作り、娘にも難しい編み込み模様のセーターや可愛らしい雪だるまの編み込んだセーターを編んでくれたことも、刺繍、編み物、保存食作りと何でもこなしキムチ、梅干し、ちりめん山椒作りと教えられたことはたくさん。

意欲がなくなったという。
テレビを見てゴロンと横になる母を見てこのまま歳をとっていくのかなと思うと何でも出来た人だけに残念でした。

以前から私との話の中で我が娘には何枚もセーターを編んでくれていたのですが姪には1枚も編んでない(姪は母が歳をとってから生まれた)あの子に1枚はアラン模様のセーターを編んでやりたいけどもう自信がないとずっと言っていました。

4月の初めにアラン模様のセーターの本を買って義母のところに行き見せると編んでみようかなと言う。そこから姪にデザインと色を交渉して、糸を探したりするのは苦手とのことなので早速アランの模様が綺麗に出る糸を京都のアブリルで見つけネットで注文。届くや否や編み始め1ヶ月半、昨日出来上がりました。

豪快な性格ですが私と違って丁寧なので最初は感が戻らなくて何度も編み直し時間がかかってしまったと言う。1ヶ月半って早い…と私は思うけど。

冬までにと思ってゆっくり編めばできるよと言ってたのですがカナダに住んでいる姪が夏に来るまでに編みたいと密かに思っていたようです。
姪にも写メすると凄い凄いと喜んでいました。義母が遠くに住む姪のために80歳を過ぎてつなげたかった思いがつながった。

あんなに自信をなくしていた義母ですが今度は孫娘の夫(我が家の娘婿)娘婿は小さい頃におばあちゃんを亡くしていておばあちゃんと言う存在をあまり知らないと言う話を聞いていたらしく、あの子にも1枚編んでやりたいとやる気になってます。

さあ娘婿とデザインと糸の色を決めまた注文しましょう。
つなげたいつながる思いを大切に。
by母



[PR]
by neri-iro | 2017-05-21 06:30 | Comments(0)

織りショルダー

b0365216_11245646.jpg
手紡ぎウールで織ったショルダー。
私のだけど、息子のお出かけ用にもなっています。

作っているところもずっと見ていたし、出来た時には貸してと息子。

大切なものを入れてくれて嬉しいよ。笑



by娘


[PR]
by neri-iro | 2017-05-19 11:24 | 子どもと | Comments(0)

b0365216_08131205.jpg

2年ぶりに来たフィールドオブクラフト倉敷。4月に娘と京都旅行の時糸の蔵に行く途中で見つけたmustardという手織りで布を織って洋服やバック、小物をつくっておいてある素敵なお店。
その織物作家さんが毎年フィールドオブクラフト倉敷に出店されているとのことで行って来ました。
相変わらず賑わってます。

こちらがその作家
寺田靖子さんのブース
b0365216_08131331.jpg

b0365216_08131437.jpg

b0365216_08131525.jpg

http://www.kushgul.com/
とても繊細な柔らかくてふっくらしていて手織りのあたたかさが伝わる素晴らしい織物でした。
とにかく糸の組み合わせや色のセンスがとても上品なのです。
京都のお店ではお見かけしなかった寺田さんとも少しだけお話しでき作品に人柄があらわれているように繊細で素敵な方でした。
b0365216_08131677.jpg

b0365216_08131642.jpg

b0365216_08131731.jpg

b0365216_08131889.jpg

毎年楽しみにしているクラフト展です。
by母

[PR]
by neri-iro | 2017-05-17 07:46 | おでかけ | Comments(0)

b0365216_11143259.jpg
娘のリクエストでクッションカバーを織りました。私が染めて、彼女がカーディングして、私が紡いで、織って。

b0365216_11145798.jpg

人形遊びが好きな彼女は、きっとこれをお布団にしたり、魔法の絨毯にしたりして遊んでくれるでしょう。

そして、冬になるとゴム紐を付けて幼稚園の椅子用座布団になります。

きっと暖かいだろうな。

by娘


[PR]
by neri-iro | 2017-05-15 11:14 | モノづくり | Comments(0)

マット引き続き

b0365216_11050066.jpg
玄関マットをウールで織り上げました。からし色は手紡ぎのコリデール、細い線はレインボー染めのウールを平織りしました。

b0365216_11052044.jpg

織り終わりが少し縮んでしまったけれど、家用なので少々は気にしない。

週末久々にいつもの針治療院に行ったら、いつもは穏やかな先生からやり過ぎ、これひどいよ。と叱られました。

織りは少しここで小休止。
染めと紡ぎ、洋裁を再開しようと思います。

そして少しの運動と。

by娘


[PR]
by neri-iro | 2017-05-15 11:04 | モノづくり | Comments(0)

ええもん

b0365216_00092735.jpg
ええもんもってるなぁ。
やる気がなくなった時、これ見て活力もらう事にします。

by娘



[PR]
by neri-iro | 2017-05-12 00:09 | 子どもと | Comments(0)